忍者ブログ
クラニオセイクラル・バイオダイナミクスや身体に関する色々を気まぐれにつづります。
Calendar
<< 2018/10 >>
SMTWTFS
123 456
78910 111213
14151617 181920
21222324 252627
28293031
Recent Entry
Recent Comment
Category
87   86   85   84   83   82   81   80   79   78   76  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

(2014/8)諸事情につき、当面の間、セッションは私の身近な方・ICSBの教程でクラニオを学習中の方、学習してみたい方など、限られた方のみに実施させていただきますので、ご了承ください。

◆【セッション申し込みが可能な方】
当面は原則、以下いずれかに当てはまる方を対象とします。
 ※なお、私自身はクラニオの実技についてはお教えできません。

 ①ICSB基礎教程で学ばれている方(プラクティショナーから受けるセッション体験数が必要な方)
 ②ICSB基礎教程でのクラニオ・バイオダイナミクスの学習を検討しており、相談がしたい方。
 ③対面で複数回お会いしたことがある、もしくはSNS等で比較的交流がある、友好的な関係の方。
 ④③に相当する方からの事前告知ありの紹介


◆セッション受付・概要
セッションは都度、神楽坂、白山いずれかのレンタルルームを借りて行っています。
会話や予備の時間など含め、1セッションは約2時間です。
内容が簡易版になりますが、ある程度の時間短縮は可能です。

◆対応可能日
土日祝かつ、私自身の都合とレンタルルームが開いている日の午後のみ対応可能です。
セッション用の部屋をお貸し頂ける方はお申し出ください。
レンタルルームの空き状況の都合もあるため、可能な限り、希望日程の1週間以上前にご相談ください。

◆お申込み方法・連絡先
○連絡先
 以下のアドレスにお願いします。
 tk77wind★(@に変えてください)gmail.com
 繋がりがある方は、私の他の連絡先やSNSのメッセージ機能、口頭でのお申込みも可です。

○申し込みにあたってお知らせ頂きたいもの
 ・名前(ニックネームでもOK)
 ・希望の日にちと時間帯(原則1セッション2時間です)
 <未見の方>
 ・携帯アドレスなどの緊急連絡先(任意)

◆具体的なセッション場所・料金
【料金】
5000円
※私自身が有職者のためほぼ非営利活動ですが、レンタルルーム代がかかることと、
 あまりに安い金額設定だとクラニオをされる他の方にもご迷惑となるので、
 この金額とさせていただきます。
 
【セッション場所】
1.神楽坂:JR飯田橋駅西口から徒歩約10分のレンタルルーム
  ※原則、JR飯田橋駅で待ち合わせてから現地に向かいます。

2.白山: 都営三田線白山駅南口から徒歩数分のレンタルルーム
  ※原則、都営三田線白山駅で待ち合わせてから現地に向かいます。


◆持ち物など
特に必要ありません。
着衣のまま横になって受けて頂くもので、更にセッション中に
寝てしまう場合も多いので、からだを締め付けない服装だと楽です。


◆ご注意
・当セッションは医療行為ではありません。
・セッションの主目的は身体の自己調整・統合のサポートであり、「症状に対する治療」は行いません。
・冒頭のセッション申込可能条件に該当しても、状況をお伺いし、精神病院に通院中の方、
 重大な事故や重い手術直後(特に脳に関する疾患)等で状態が安定しない方など、セッションが
 適さないと判断した場合はお断りさせて頂くことがあります。

◆[参考]私自身のプロフィールページ
プロフィールのようなもの

拍手[2回]

PR

コメント
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
朧 こと 今野
性別:
男性
自己紹介:
会社員生活の傍ら、ICSBという団体の教程で手技セラピー「クラニオセイクラル・バイオダイナミクス」を学んでいます。

「★クラニオバイオリンク集」ではここ以外のクラニオバイオ関連サイトを紹介しています。

クラニオセッションは現在、ブログ主と近しい方、ICSBのクラニオ・バイオダイナミクス学習者を中心に限定的に実施しています。
対象条件ならびに詳細は「☆クラニオセッションご希望の方へ」をご覧ください。

私のプロフィール的なものはこちら
最新コメント
[04/26 朧@今野]
[04/23 平田つぐお]
ブログ内検索
カウンター
クリック募金
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by [PR]
/ 忍者ブログ