忍者ブログ
クラニオセイクラル・バイオダイナミクスや身体に関する色々を気まぐれにつづります。
Calendar
<< 2017/09 >>
SMTWTFS
12
3456 789
10111213 141516
17181920 212223
24252627 282930
Recent Entry
Recent Comment
Category
27   21   18   17   15   12   2   1  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日、クラニオ講座から帰還。
盛りだくさんな内容で満足し、気持ちも引き締まったが、
学んだものの中で、ある意味パラダイムシフトだったのが
「(人の)もっとも活力のある部位から働きかける」という選択肢です。

クラニオでは「問題を除去しようとするのでなく、その人の健全さにつながる」と
これまでずっと教わってきたのですが、私も実際のセッションでは無意識のうちに
身体のうち「一番くたびれていそうな所」にわざわざ触れていたことが大半でした…。
クラニオが扱うのは身体の全体性なので、部分に触れたからといって
そこだけが変化するわけではないのですが、なかなか実施は難しいものです。

「一番活力のある場所」に触れてセッションを進めていくと、身体が深く落ち着く
(つまり自律神経の働きのバランスが十分取れる可能性があるということですね)
可能性が増したり、弱っている身体が治癒力を積み上げていく助けができるとの説明を受けました。
逆に、「くたびれていそうな場所」に触れていった場合、そこをなんとかできるだけの
活力がない身体システムはその体験に圧倒されてしまうこともあり得るそうです。
まあ、常識的に考えても、怪我をしているところに触れられるよりは、
そうでない部分に触れられた方が気持ちよい事が多いのは当たり前ですね。

このコンセプトは他の色々な場面でも適用できる例が多そうに思いました。
たとえば、自分の「欠点」らしきものを発見した時に、その「欠点」は相手にせず、
自分の「得意」や「美点」をより伸ばしていくと、結果的に欠点も強みとして生きる…などなど。
「問題を除去」という視点だと、沢山の仮想敵を生み出してしまうこともあるかもしれないが、
どんなものにも何がしかの美点があり、そこを見つめてみる…という視点も
何となく覚えておけば(常にそれをせよという事ではなく、ひとつの新たな視点として)、
何度も遭遇したような場面でも、新たな選択肢が取れるかもしれない、と思わされました。

拍手[1回]

PR

コメント
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
朧 こと 今野
性別:
男性
自己紹介:
会社員生活の傍ら、ICSBという団体の教程で手技セラピー「クラニオセイクラル・バイオダイナミクス」を学んでいます。

「★クラニオバイオリンク集」ではここ以外のクラニオバイオ関連サイトを紹介しています。

クラニオセッションは現在、ブログ主と近しい方、ICSBのクラニオ・バイオダイナミクス学習者を中心に限定的に実施しています。
対象条件ならびに詳細は「☆クラニオセッションご希望の方へ」をご覧ください。

私のプロフィール的なものはこちら
最新コメント
[04/26 朧@今野]
[04/23 平田つぐお]
ブログ内検索
カウンター
クリック募金
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by [PR]
/ 忍者ブログ