忍者ブログ
クラニオセイクラル・バイオダイナミクスや身体に関する色々を気まぐれにつづります。
Calendar
<< 2017/09 >>
SMTWTFS
12
3456 789
10111213 141516
17181920 212223
24252627 282930
Recent Entry
Recent Comment
Category
62   60   59   58   57   56   55   54   53   52   51  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

クラニオ・バイオダイナミクス(以下クラニオ)では「リソース」と呼ばれる概念があります。ふつうは資源とかそういう意味の英単語ですが、クラニオでは多少違った意味合いを持っています。

◆リソース
簡単に言えば、クラニオで使う「リソース」は「自分にとって活力を与えてくれるもの」というところです。それは、自分の心地よい身体の感覚だったり、好きな光景や物語であったり、落ち着けるような漠然としたイメージであったり、いろいろです。「呼吸に意識を向ける」などもひとつのリソースであるかも知れません。
この「リソース」自体は具体性のあるイメージに近いものですが、イメージといっても身体に少なからず影響は及ぼすものなので、リソースをしっかりと感じる事で自分自身を落ち着けることも可能です。


◆セッション中のリソース
クラニオのプラクティショナーはこの「リソース」の力を活用してセッションを進めることもあります。例えば、自分の身体の痛みが気になる人に、自分が痛くない、できれば安心な感じのする身体の部位(足の親指とか、耳とか、突拍子もないところでも良いのです)を探してもらって、そこの感覚をじっくり感じてもらうなどです(大けがの場合はそうも行かないでしょうが、そもそもクラニオに来る人はそこまで大変な状態ではないはずなので)。すると、痛みから目が逸らされた身体は落ち着きを多少なりとも取り戻し、クラニオセッションの恩恵を受けやすい状態になるわけです。

もっとも、「身体のどこなら気持ちいいですか」「どういうイメージだと心地よいですか」と突然聞くのも、初めての人にとっては戸惑うことだと思うので、個人的には、余程しんどそうな人かクラニオを受け慣れている人以外にはあまり聞きません。私自身があまり意識してそういう「リソース探し」をしない人だというのもあります。

◆日常のリソース
私の場合は武術稽古で得られる「何か良い身体の感じ」が多分リソースに相当する物で、その感覚にはあまり意識しなくても、いつも少しはつながっているような感じもするので、あまり熱心に探すまでもないのかも知れません。いろんな趣味や仕事を持っている人がいますから、人によってかなり色々なリソースがあるんじゃないかなと思います。

思うに、むしろリソースが価値を発揮するのは、クラニオセッションのような特別な場所よりも、日常で不安や痛みに出会った時かもしれません。そういう時に、不安そのものに目を向けると、それを増幅させることになりやすいです。
しかし、自分の身体の安定した部分や今ここでないどこかの風景や思い出といったまったく別の方向に一時意識を向けてしまうことで、一息ついた身体には、かえって不安に立ち向かう力が生まれることもあります。
浮き足だったまま対象に向かわないで、少し落ち着き、一度面倒ごとに立ち向かえる身体状態になってから立ち向かう、というわけですね。まあ、全力で逃げねばならない時などは落ち着く暇がないと思うので、場合にもよりますが。

◆物足りないかも知れないけれど
どうも人間は不安なことに何故か好んで首を突っ込みたがる性質があるようで、気がつくと自分で自分を不安にすることを積極的にしていることもあるような気がします。たとえば、過激なキャッチコピーの週刊誌でも(たとえその情報によって自分が余計興奮や混乱するとしても)売れるのは、人が強い刺激になにか魅力を感じる部分があるからなんでしょう。

まあ、そういう物が存在すること自体は全然問題ないんですが(私自身も過酷な展開のアクション漫画やゲームは好きですし)、精神的にくたびれている時までそういう刺激を求めると、余計疲労してしまったりすることもあるので、そういう時には自分の中の心地よい感覚やイメージを探してみるのも手かも知れませんね。リソースの感覚はおだやかだったり暖かだったりで、刺激としては物足りないかも知れないけれど、それはその「物足りなさならではの思わぬ力」を持っているかもしれません。

拍手[0回]

PR

コメント
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
トラックバック
この記事にトラックバックする →
プロフィール
HN:
朧 こと 今野
性別:
男性
自己紹介:
会社員生活の傍ら、ICSBという団体の教程で手技セラピー「クラニオセイクラル・バイオダイナミクス」を学んでいます。

「★クラニオバイオリンク集」ではここ以外のクラニオバイオ関連サイトを紹介しています。

クラニオセッションは現在、ブログ主と近しい方、ICSBのクラニオ・バイオダイナミクス学習者を中心に限定的に実施しています。
対象条件ならびに詳細は「☆クラニオセッションご希望の方へ」をご覧ください。

私のプロフィール的なものはこちら
最新コメント
[04/26 朧@今野]
[04/23 平田つぐお]
ブログ内検索
カウンター
クリック募金
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by [PR]
/ 忍者ブログ