忍者ブログ
クラニオセイクラル・バイオダイナミクスや身体に関する色々を気まぐれにつづります。
Calendar
<< 2017/10 >>
SMTWTFS
1234 567
891011 121314
15161718 192021
22232425 262728
293031
Recent Entry
Recent Comment
Category
102   101   100   99   98   97   96   95   94   93   92  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ISCBサイトの日本語訳その4です。
原文は以下。
http://www.craniosacralbalancing.com/en/biodynamik/wirkung.php?navid=6
今回は(今回も?)少々混迷を極めた訳となっております…。
ご容赦ください。

<以下本文>------------------------------------------------------
クラニオ・バイオダイナミクスはどんな効果をもたらしますか?


クラニオセイクラル・バイオダイナミクスは人を有機的な存在とみなす体系です。
このワークは(その人が持つ)健全さとリソースの働きを重視するものであり、
(ワークを通じて、クライアントの身体システムが)内なる均衡状態に還ることにより
身体、マインド、そして存在そのものをサポートします(※1)。

大いなる生命のフォース「ブレスオブライフ」は
人体のあらゆる組織・細胞や体液システムの中に
1次呼吸(PR)という形でそれ自身を表現しています。
(クラニオのプラクティショナーがクライアントの)1次呼吸にアクセスし、
1次呼吸と共にワークする事で、(クライアントの身体システムの)
健全さや全体性が表現され、サポートされ、維持されます(※2)。

クラニオセイクラル・バイオダイナミクスは
クライアントの症状に注意を向けるのではなく、
(クライアントが持つ)生来の健全さと繋がることにより、
結果として痛みや悩みを解消することを期待するものです。
様々な症状はクラニオセイクラルのトリートメントの
あくまで指針として昔から表現されてきたものです(※3)。


「(クラニオセッションを受けた)子供は再び、笑ったり、歌ったり、
人と交流して楽しんだりするようになりました。」
小さなクライアントの母親(※4)


<注記・解説>------------------------------------------------------
※全体
「クラニオ・バイオダイナミクスの効果」とある部分です。
クラニオの効果というのは、個人的に何と説明してよいものか大変困るのですが、
結局この文を訳してますます困る結果となった気がします。
講座で聞かされた「効果」については、ほぼこの文のままなので、関係者にとっては
言われるまでもない内容なんですが、簡単な言葉にするのは何とも骨が折れます。

無理やりまとめると、クラニオバイオダイナミクスは「身体の問題を解決する」
ことはほぼ気にしてなくて、「「身体の根源的な何か」が活力を取り戻す」
「それによって副次的な恩恵が発生する(かもしれない)」ことが一応の効果ってところでしょうか。

※1
人が有機的というのは何と訳していいものやらですが、
「動的で絶えず変化する存在」というような意味でしょうかね。
なので、クラニオでは「人の身体はこう」ときまりきったパターンを無理に
当てはめるのでなく、状況と相手に応じ、ただ身体の声に耳を傾ける態度をとるわけです。
「内なる均衡状態に還る」も厳密な説明が難しいですが、
クラニオを受けたクライアントさんの身体が自分で「自分本来の中心」
を見つけ出し、それを基準に自分で自分のバランスを整える、みたいなことです。

※2
前の記事から繰り返しになりますが、クラニオ・バイオダイナミクスでは
「ブレスオブライフ」という概念が、身体の微細な動きである「1次呼吸」
の基にあるとみなしており、セッションではブレスオブライフの力に
色々お任せしやすい環境を用意して、結果「1次呼吸」ひいてはそれにつらなる
身体全体が力と取り戻すことを期待するワークだというようなことですかね。

※3
クラニオバイオダイナミクスでは症状を消したり治したりするのではなく、
「クラニオ的な作法」でクライアントさんの身体の声を聴くことで、
結果としてそれらが軽減したりする(かもしれない)、といったことです。
最後の文はいまいち意味が分かってないですが、症状はあくまでクライアントさんに
向き合う際の参考程度にしてます、といった意味合いかなと思います。

※4
今回はベッカーさんが出てこなくて、どっかのお母さんが
子供さんがクラニオ受けて「なんか全体的に元気になった」ことを喜んでいます。
まあ、起きることには個人差があるとは思いますが、
お子さんの何かが悪くてそれをクラニオで「治した」わけじゃない、
「受けたら何かそうなった」ってのがこの話のポイントなんでしょうね。

拍手[3回]

PR

コメント
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
朧 こと 今野
性別:
男性
自己紹介:
会社員生活の傍ら、ICSBという団体の教程で手技セラピー「クラニオセイクラル・バイオダイナミクス」を学んでいます。

「★クラニオバイオリンク集」ではここ以外のクラニオバイオ関連サイトを紹介しています。

クラニオセッションは現在、ブログ主と近しい方、ICSBのクラニオ・バイオダイナミクス学習者を中心に限定的に実施しています。
対象条件ならびに詳細は「☆クラニオセッションご希望の方へ」をご覧ください。

私のプロフィール的なものはこちら
最新コメント
[04/26 朧@今野]
[04/23 平田つぐお]
ブログ内検索
カウンター
クリック募金
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by [PR]
/ 忍者ブログ