忍者ブログ
クラニオセイクラル・バイオダイナミクスや身体に関する色々を気まぐれにつづります。
Calendar
<< 2017/10 >>
SMTWTFS
1234 567
891011 121314
15161718 192021
22232425 262728
293031
Recent Entry
Recent Comment
Category
92   91   90   89   88   87   86   85   84   83   82  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


眼精疲労で風邪引いた日記を書いたら、野口整体をされているmentosさんから、目の疲れの対応について情報をいただきました。

野口整体では、目の上に蒸しタオルを乗せる対応が一般的だそうですが、今は普通に薬局等で購入できる便利な商品もあるとのこと。詳細はmentosさんのブログからどうぞ ⇒「稽古の合間に」-「目の疲れ」


mentosさんの記事を読んでいて、私もクラニオ講座で目の疲れ向け対応法を習ったことがあると思い出しました。誰でもできて簡単なので手順を書きます。

1.自分の両掌をこすり合わせて温める。

2.自分の両目を1で暖めた両掌で覆う。できるだけ掌をぴったり付け、
  掌で覆った目を開けても外の光が入らない位になるとなお良いです。

3.目をつぶって数分(厳密には決まっていません)そのままでいます。
  手を置いている間、特に変わったことをする必要はありません。
  やっていて寝てしまったらそれはそれで問題ないです。

要は蒸しタオルの役割を自分の掌でやる方法です。やると確かに楽にはなります。なお、私自身は、めんどくさくてあんまり使ってません。今後は眼精疲労でダウンする前にもう少し有効活用せねば…。


なお、このやり方で、掌を他人の目の上に置いてあげることもできます。それだと受ける人は自分が緊張しないのでより楽です。しかし、やる側は寝ている人の顔の上に手を置く場合、余程慣れていない限りは覆い被さるようになったりして、多分いまいち安定しないので、結構めんどくさいです。
座っている人の背後から目隠しをするかのように実行した方が気軽にやれると思います。やる側の人は、自分の肘や前腕を、相手の肩なり、(受ける人が椅子に座っている場合は)椅子の背もたれなりに置けば楽です。

まあ、人によっては2人して数分じっとしていると空しくなってくるかも知れないので、この方法は家族なり気心の知れた人と変わったスキンシップが取りたい方向けになりそうな気もします。少なくとも1人なら、蒸しタオルなり便利商品の方が手っ取り早そうです。


要は「疲れ目はほどよく温めるのが良い」ってことですね。他にも色々手軽にできる方法がありそうです。眼精疲労も当然寝れば回復しますが、より効率的に回復を促す補助手段はいろいろありそうだ、ということで、選択肢のひとつとして頭の片隅にでも留めていただければと思います。

拍手[0回]

PR

コメント
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
トラックバック
この記事にトラックバックする →
プロフィール
HN:
朧 こと 今野
性別:
男性
自己紹介:
会社員生活の傍ら、ICSBという団体の教程で手技セラピー「クラニオセイクラル・バイオダイナミクス」を学んでいます。

「★クラニオバイオリンク集」ではここ以外のクラニオバイオ関連サイトを紹介しています。

クラニオセッションは現在、ブログ主と近しい方、ICSBのクラニオ・バイオダイナミクス学習者を中心に限定的に実施しています。
対象条件ならびに詳細は「☆クラニオセッションご希望の方へ」をご覧ください。

私のプロフィール的なものはこちら
最新コメント
[04/26 朧@今野]
[04/23 平田つぐお]
ブログ内検索
カウンター
クリック募金
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by [PR]
/ 忍者ブログ