忍者ブログ
クラニオセイクラル・バイオダイナミクスや身体に関する色々を気まぐれにつづります。
Calendar
<< 2017/11 >>
SMTWTFS
1 234
5678 91011
12131415 161718
19202122 232425
26272829 30
Recent Entry
Recent Comment
Category
124   123   122   121   120   119   118   117   115   114   113  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

1つ前の記事の後半です


なお、こういった問題に関して、クラニオなどに比べると強い刺激(クラニオの刺激が少なすぎるだけですが)を与える技法もあるようですが、仮に強い刺激を使う技法でも、「身体の声を聴いていない」とは言えないと思っています。例えば、最近話題になっている「ロシア武術システマ」のマッサージや、モンゴルの戦士たちが使ったらしいマッサージ術「チュアカ」では、戦場などで戦士が攻撃・ショックを受けた直後や戦場に出る前にに、独特のマッサージで受けた歪みや発生しつつある緊張を取るようです(私は十分理解していないので、詳細は専門家の方に聞いてください)。また、日本の古流武術に伝わってきたという「腱引き」という活法もそういう位置づけの技法のように思います、

これらは、(本来の戦場での用途を想定した場合)ショックを受けた直後に、「不活性なファルクラム」が形をとる前に何とかしてしまおうという考えなのではと思います。すでに出来上がった強固なファルクラムに対してどのくらい有効なのかはわかりませんが、緊急時の対応としてはなかなか効果的なのでは、と思います。
あとは、武術の鍛錬法のうち、決まった姿勢や動作を延々とやっているようなタイプの稽古も、何年かやっていると文字通り姿勢が変わってくるので、これも必ずしも優しい刺激ではないですが、ゆがみや姿勢の改善には密かにかなり役に立つ可能性があると思います。少なくとも、私の場合は稽古をして猫背ではなくなりました…。まあ、こういったゆがみに対しては、かなり強固なものでも、自助努力で何とかできる可能性もありますよ、ということですね。


「不活性なファルクラム」とはまた別の「症状」例としては、手術などのあとで、問題になっている部位は治療が完了したが、その部位が切除なり矯正なりされたことで、体のバランスが崩れている状態(身体が新たなバランスを求めている状態)というのもあるかと思います。まあ、これも病院でゆっくりしていれば大概は何とかなると思いますが、身体全体のバランスを取ることを助けるクラニオ・バイオダイナミクスならば、場合によっては、より効果的な援助が可能かもしれない、と個人的には思っています。症状自体はすでに病院医療で解決していますし、そういった「治療」にクラニオが出張る余地はないので、「身体がバランスを取り戻す援助」というところでしょうか。もちろん、行えるのは手術直後ではなくて、容体がある程度落ち着いてからです。

もし、いつの日か病院とクラニオプラクティショナーが協力し、結果として患者さんの入院期間やその後の社会復帰までの期間が短くて済んだというようなケースができたとしたらすばらしいことではありますが、医療行為ではないですし、現状では病院でやること自体に問題がありそうですね…。


…今回はあまり内容を精査せずに勢いでまとめてみました。結構適当な書き方も多いと思いますが勘弁してやってください。

これを書いていて、結局のところ、ボディワークは、長い目で見て身体の治癒力を高める効果が期待できるといった主張にせよ、辛い状況でも安らぎを得られる、といったリラクセーション的側面にせよ、受ける人が問題だと思ってることは実は問題じゃないんだと理解してもらうような新たな価値観の提供にせよ、やはり、なんらかの「特別なサービス」ではあるわけで、どの辺の領域が得意なのか、「効果」が期待できるとしたらどの辺に可能性があるのか、という視点や考えから逃げるわけにはいかないものだよなあと改めて思いました。そこにあえて答えを用意しないことも含め、術者としての自分なりの見解・スタンスというものは重要なのだろうと思います。

拍手[0回]

PR

コメント
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
朧 こと 今野
性別:
男性
自己紹介:
会社員生活の傍ら、ICSBという団体の教程で手技セラピー「クラニオセイクラル・バイオダイナミクス」を学んでいます。

「★クラニオバイオリンク集」ではここ以外のクラニオバイオ関連サイトを紹介しています。

クラニオセッションは現在、ブログ主と近しい方、ICSBのクラニオ・バイオダイナミクス学習者を中心に限定的に実施しています。
対象条件ならびに詳細は「☆クラニオセッションご希望の方へ」をご覧ください。

私のプロフィール的なものはこちら
最新コメント
[04/26 朧@今野]
[04/23 平田つぐお]
ブログ内検索
カウンター
クリック募金
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by [PR]
/ 忍者ブログ