忍者ブログ
クラニオセイクラル・バイオダイナミクスや身体に関する色々を気まぐれにつづります。
Calendar
<< 2017/10 >>
SMTWTFS
1234 567
891011 121314
15161718 192021
22232425 262728
293031
Recent Entry
Recent Comment
Category
34   33   32   31   30   29   28   27   21   18   17  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

クラニオセミナー6から帰還しました。これで基礎教程は終了だけあって、今回は「ロングタイド(複数ある1次呼吸の種類ひとつ)」に焦点を合わせた、これまでとはひと味違う様々な技法や視点が紹介されましたが、ひとつ驚いたのが、クラニオバイオダイナミクスでも普通の呼吸(いつも書いている「1次呼吸」ではなく、「2次呼吸」にあたる普通の肺呼吸ですね)を用いた技法があったこと。先日この記事でクラニオ技法には呼吸はまるで関係ないと書きましたが、それは真っ赤な嘘だったことが判明したという…。なかなか世の中何が起きるか分からないものです。

やり方は具体的には書きませんが、この技法の概要は、受ける人にある(結構厳密な)タイミングで呼吸してもらうことにより、1次呼吸の「吐く」にあたる動きのリズムと2次呼吸(普通の呼吸)の「吐く」リズムを同期させるというもの。それによって、「点火」と呼ばれる、体内のエネルギーが活性化する状態が起きやすくなるようです。受けた感じをあえて説明すると、体全体が熱くなって、活力が湧いてくる感じとでもいいましょうか。

この「点火」の定義は複数あるようですが、胎内での受精時や心臓が発生した時、実際の誕生時といった人生最初期の重要スタート時点で、次なる活動に備えて肉体(…といっても、それらの機会の大半では生まれてさえいないわけですが…)の活力を高め、しっかり生きていけるように体が自然に起こす反応…が一般的定義のようです。そして、その時に何かの不都合で十分に「点火」ができずに大人になったとしても、このように、しっかり「点火」できるチャンスはあるという事ですね。

しかも、この技法をもちいて、受ける人にわざわざタイミングを測って意図的に呼吸してもらわなくても、どうやら体は(少なくとも健全さが十分な身体は)1次呼吸と2次呼吸を同期させるように自動的に呼吸しているらしく、練習中にも体の賢さを感じさせられました。ただ、「点火」効果があまり足りていなかった場合、意図的にこの技法を行うことで、大いに恩恵を得られる確率は高くなるのだろうと思います。もっとも、この技法は、よほどのことがない限り使うべきでないとのこと。基本的にクラニオ・バイオダイナミクスは、「受ける人の体が自然な形で今やれることを尊重する」技法と思うので、それはもっともです。個人的には仮にその制限がなくても、あまり使わないかもしれないですね。やはり受ける人に色々な動作を要求するのは、シャイでチキンハートな私には、いまいち馴染まないものがあります。

ただ、この技法の紹介によって、クラニオ・バイオダイナミクスのセッションでも、時には「受ける人が適切に参加することで、セッションの質が変わるかも知れない」というひとつの可能性が間接的に示されたようにも思います。受ける人が無闇に自分の状態を観察して緊張してしまったら本末転倒なので、受ける人は基本的に気持ちよく寝ていれば良いと思いますが、受ける人が無理のない程度に何らかの形で参加できたら、セッション前後の変化も実感できるかも知れないし、セッションをより楽しむことはできるかもな、ということは、頭の片隅に入れておこうかと思いました。

<2017追記>
「点火(イグニッションとも言われる)」について、上記のようにやたら能動的に誘導しないと発生しないものなのか!?と、この時は思っていましたが、そもそも、この現象が起きるのは受精時だけの話ではなく、どうやら日々、1次呼吸のタイミングの何回かの中で、自動的に起きているようです。「点火」はおおざっぱに言うと、「ポーテンシー(エネルギー)がフィールドから肉体に具現化・浸透する過程」というのがICSB教程での一応の説明のようです。セッション中、単にポーテンシーが調整のために現れることとも質が異なる印象です。

また、上記のようにわざわざクライアントさんに息を合わせてもらったりしなくても、イグニッションが起こりやすい環境を用意できるセッションの進め方があることも、その後わかりました。そのため、上記の「息を合わせてもらう方法」はさらに使う意味がなくなりましたが、「点火」が手っ取り早くどんな感じなのか体験できる学習教材としては、多少操作的であっても、このような方法が必要になることもあるんでしょうね。

拍手[1回]

PR

コメント
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
朧 こと 今野
性別:
男性
自己紹介:
会社員生活の傍ら、ICSBという団体の教程で手技セラピー「クラニオセイクラル・バイオダイナミクス」を学んでいます。

「★クラニオバイオリンク集」ではここ以外のクラニオバイオ関連サイトを紹介しています。

クラニオセッションは現在、ブログ主と近しい方、ICSBのクラニオ・バイオダイナミクス学習者を中心に限定的に実施しています。
対象条件ならびに詳細は「☆クラニオセッションご希望の方へ」をご覧ください。

私のプロフィール的なものはこちら
最新コメント
[04/26 朧@今野]
[04/23 平田つぐお]
ブログ内検索
カウンター
クリック募金
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by [PR]
/ 忍者ブログ