忍者ブログ
クラニオセイクラル・バイオダイナミクスや身体に関する色々を気まぐれにつづります。
Calendar
<< 2017/12 >>
SMTWTFS
12
3456 789
10111213 141516
17181920 212223
24252627 282930
31
Recent Entry
Recent Comment
Category
135   134   133   132   130   129   128   127   126   125   124  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


私にしては珍しく、先週に続いて今週もクラニオセッションをする機会があり、やはり身体は偉大な智慧を持っているものだと感動しました。受けていただいた方がクラニオを学ばれており、すぐれた身体感覚をお持ちだったこともあるのだと思います。

守秘義務もあるので、詳細な記述は避けますが、セッション中に、「触れる部位を身体が自ら教えてくれる」ことが起きたのが、そう感じたきっかけです。私の場合、これまでも触れる部位は理屈優先でうんうん考えるのではなく、受ける方の身体の変化を身体で感じ、その情報をもとに直観的に決定してきたわけですが、今回のセッション中の出来事は「私の判断」を超えて、こちらの対応の結果、受ける方の身体自身が選択してくれた感じがあり、これまでよりももっと、身体の知恵を信頼してもよいと思える内容でした。


クラニオ術者の状態と対応力が適切なら、「何となく全体に触れる」でも有効と思いますし、そういった路線のセッションも突き詰めていけば十分精密なものになると思います。と同時に、個人的には、少し前に書いたように、「肉体の特定部位を中心に全体に働きかけ」た方がもっと良い状況というのはあると思うようになってきたこともあり、また、せっかくしかるべき技術を時間をかけて伝えてもらっている人間としては、そこそこで満足せずその辺りの精度を詰めてセッションをより良いものにしていきたいという思いもあるわけです。

とはいえ、この部位がゆがんでいるからこうすればいいはずだ、という思考優先路線でセッションを行うとクラニオバイオダイナミクスの原理からは外れそう(あくまでクラニオバイオダイナミクスとしてのセッション精度を保つにはいかがなものか、という個人的見解で、そういう方法を取る技術を批判しているわけではありません)ですし、思考や判断を使わずに細かい部位にどんなタイミングで触れていいものなのか、それが分かったとして全体性を失わずにうまく働きかけていけるのだろうか、と二の足を踏んでいたところもあったのですが、今回のセッションで感じた「身体が自ら教えてくれる」はその問題意識に対する1つの回答だったように思います。


なお、これに付け加えるならば「しっかりと適切に耳を傾ければ、身体が教えてくれる」というのがより正確なところです。「しっかりと適切に耳を傾ける」というのは、(少なくとも私にとっては)精神論や気分ではなくて、多分これまでも書いてきたように、意識や姿勢を適切に保つことによって、受動的に(かつ受ける方を放置せずに)身体の声を聴きつづけることです。
これに関してはアナログな感じの「身体の声を聴く」という表現がしっくりきていて、「情報を受け取る」というとちょっと違うかなという感じです。この態度は講座の初期に紹介されるクラニオ・バイオダイナミクスの基本姿勢といえるものですが、その重要性が今になって骨身にしみて理解できてきた気がします。…ちなみに、これに関しても、あくまでクラニオバイオダイナミクスの話で、例えば、「身体に対して積極的に語りかけて反応をみる」タイプの技術を批判する意図は全くなく、その技術にはクラニオと別の良さがあるに違いないと私が思っていることはしつこくお断りしておきます。

ちなみに、ここに限らず「適切に対応」とかアバウトな表現をしていますが、これが具体的にどういう状態なのかはなかなかに表現しづらいものがあります。もう少し経験を積めば、その一部くらいは表現できるかもしれませんが、書くことで重要な要素が逆に抜け落ちてしまう可能性もありますし、そもそもこれは年月とセッションを重ねて体で覚えるしかないことのようにも思います。また、一度身についてもどんどんその対応精度は向上していくものとも感じるので、できるできないというくくりでも語りにくい要素です。
そういえば、今回のセッションでは、いろいろ説明をしている時、何となく先生が講義をしているのと似たような風情で自分が話そうとしているなと気付いて意外に思ったので(講義で特に先生の真似をしようとかは思っていないはずなのですが)、こういうものに関しては、案外先生から無意識に伝わってる部分もあるのかもしれないと思いました。

最後は例によってだんだん脱線してきましたが、今回のセッションも色々と個人的に得るものが多くあり、クラニオ分野のクリスマスプレゼントという感じでした。ありがたい限りです。


…ちなみに、多分これが今年の「たぶんクラニオブログ」最後の記事になると思われますが、来年は何やら色々動き出しそうな気配があり、夏ごろにクラニオも参加する、からだ関連のビッグなイベント(私も協力予定)が計画されている他、秋からはICSB講座が新たな体制で活動を開始するらしい、という情報も流れてきつつあります。
どちらも主催者から正式告知をもらっていないので、詳細は伏せておきますが、来年は日本のICSBクラニオ関係者にとっても、私のクラニオ活動にとっても大きな転機になりそうな予感がしています。(ちなみに全然関係ないですが、私が所属する中国武術教室でも来年は大きなイベントがあったりするので、個人的に来年はすごく楽しみです)詳細が分かったらこのブログでも告知していきますので、楽しみに(?)お待ちください。

それでは、まだクリスマス中で少々気は早いですが、皆様良いお年を。

拍手[1回]

PR

コメント
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
朧 こと 今野
性別:
男性
自己紹介:
会社員生活の傍ら、ICSBという団体の教程で手技セラピー「クラニオセイクラル・バイオダイナミクス」を学んでいます。

「★クラニオバイオリンク集」ではここ以外のクラニオバイオ関連サイトを紹介しています。

クラニオセッションは現在、ブログ主と近しい方、ICSBのクラニオ・バイオダイナミクス学習者を中心に限定的に実施しています。
対象条件ならびに詳細は「☆クラニオセッションご希望の方へ」をご覧ください。

私のプロフィール的なものはこちら
最新コメント
[04/26 朧@今野]
[04/23 平田つぐお]
ブログ内検索
カウンター
クリック募金
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by [PR]
/ 忍者ブログ