忍者ブログ
クラニオセイクラル・バイオダイナミクスや身体に関する色々を気まぐれにつづります。
Calendar
<< 2017/10 >>
SMTWTFS
1234 567
891011 121314
15161718 192021
22232425 262728
293031
Recent Entry
Recent Comment
Category
117   115   114   113   112   110   109   108   107   106   105  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

5/21に書いた日記の後半。たぶん長いので分割しました。
おもむろに自分の稽古し始めのころを振り返ってみる。


過去の私自身は、クラニオを学び始めたり、中国武術の教室に来る前は勝手気ままに稽古らしきことをしていても何とかなると思って実行していた口で、そういう取り組みもそれなりの面白さがあることは理解しているので、何も習わずに自分で色々試すことや、色々な技術のつまみ食いをすることを特に否定するわけではないです。ただ、振り返ってみると、それらの選択肢ではどうしてもわかることには限界がある、もしくはあんまり効率が良くないというのも個人的実感です。

初期状態では全くの無知かつ運動不足ですから、そういう方法でもしばらくは何がしかの変化は見られるわけですが、私の場合はある程度それを続けていたら、だんだんむなしくなってきたわけです。何か自分の活動に「核」「魂」が欠けているというか、エゴの命じるまま自分勝手なことをしているような罪悪感にさいなまれるというか…。私よりもクリエイティブで才能ある方々は自分だけでもできるのかもしれませんけども、私自身は気力的にできそうに思えなかったので、結果、クラニオや中国武術を学んでいるわけですが、その選択ができてよかったと思っています。

私は身体に関する学びに興味を持ちはじめた時期は精神的に結構疲れてしまっていて(だから興味を持ったってこともあるんでしょうけど)、人から素直にものを習うことが非常にしんどい状態だったため、色々なところを回りながらも、なかなかこれを学ぼう!と思うものを見つけることができず、現在の状態まで来るのに随分遠回りしました。

その時体験した色々な苦労や複雑な思い、獲得した知識が今の学習の支えになっているという意味では、無駄な経験ではなかったと思いますが、最初から素直に人に学べるような健全な方に殊更に勧めたい選択肢ではないです。研究ならメイン分野を少し学んでからでもいくらでもできますし、一見地味と見える既存の体系を学んでいく道のりも、試行錯誤の機会や日々の発見はたくさんあります。


もっとも、歩く道は人それぞれであり、私が遠回りせざるを得なかったように、それぞれの方の歩く道にそれぞれの意味があるのだろうとも思っています。「3年かけて良師を探せ」なんて言葉もありますけれど(私自身はクラニオに出会うまでに明らかに3年以上かかってます…)、自分自身の中で学習の準備ができるまでの期間や、ある分野について理解を深める期間も時にたくさん必要であり、人によってはいろいろな場所をうろついたり、無謀な取り組みをして痛い目に遭ったりする事も必要なんでしょう。

まあ、それらの放浪や迷走は「自分にあった選択肢を見つけ出すまでの見えざる天の試練」みたいなもので、自分が学ぶ条件が整わないと、そうそうスムーズに自分に合う場所には辿りつかないものなのかもしれません。…まあ、私自身の武術への取り組みは上記のようにアバウトなものですから、あんまり偉そうなことをいうのもなんですが、いろいろな体験をした結果、それなりに思う所もあったというところですかね。


書いていて、あまり意識していなかったけれど、これはクラニオでも同じことだなと思いました。クラニオは表面的な手順そのものは難しくないかもしれないけれど、やはりそれなりの技術が体に身につくにはまとまった年月が必要と思いますし、時々くたびれたりしながらもカリキュラムで学びつづける中で段階的に分かってきたことはたくさんあります。

私は私なりのクラニオ観を持っていますが、これも体系立った学習を通じて先人の価値観に触れた体験があるから、原型を壊さない程度にそこに何かを積み上げたり、自分自身が持つ世界観と折り合いがつく地点を模索したりできるのだろうと思っています。…と、いうわけで、何となく最後にクラニオにつながったところで終了です。

拍手[0回]

PR

コメント
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
朧 こと 今野
性別:
男性
自己紹介:
会社員生活の傍ら、ICSBという団体の教程で手技セラピー「クラニオセイクラル・バイオダイナミクス」を学んでいます。

「★クラニオバイオリンク集」ではここ以外のクラニオバイオ関連サイトを紹介しています。

クラニオセッションは現在、ブログ主と近しい方、ICSBのクラニオ・バイオダイナミクス学習者を中心に限定的に実施しています。
対象条件ならびに詳細は「☆クラニオセッションご希望の方へ」をご覧ください。

私のプロフィール的なものはこちら
最新コメント
[04/26 朧@今野]
[04/23 平田つぐお]
ブログ内検索
カウンター
クリック募金
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by [PR]
/ 忍者ブログ