忍者ブログ
クラニオセイクラル・バイオダイナミクスや身体に関する色々を気まぐれにつづります。
Calendar
<< 2017/09 >>
SMTWTFS
12
3456 789
10111213 141516
17181920 212223
24252627 282930
Recent Entry
Recent Comment
Category
69   68   67   66   65   64   63   62   60   59   58  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


アーノルド・ミンデル氏の「昏睡状態の人と対話する」(藤見幸雄・伊藤雄二郎訳、NHKブックス、2002)という本を読みました。ミンデル氏は「プロセスワーク」というユング心理学派生のワークを創始された方ですね。私も数回ワークショップに出たことがありますが、ユング心理学派生といっても、身体をつかうアプローチが主で、しかも色々な種類があって(大きな集団を扱うようなものまであります)、なかなか興味深いものがあります。


とまあ、プロセスワーク自体については書籍がたくさん出ていることもあるし、ここでは置いておくとして、この本を読んで興味深かったのは「昏睡状態」を、人がただ苦しんでいる状態であるとか、何も感じていない状態とみなすのではなくて、沈黙の中で人が「次なる変化に向けての準備」をしている状態と捉えていることです(私の理解なので、違うかもしれませんが)。
どうやら、昏睡状態の中でも人は夢やイメージの世界の中で色々な体験をするらしいのです。また、昏睡状態の人がうなったりしているのも、夢の中で独り言を言っているようなもので、身体が苦しいからとも限らないようです。それは、死という大きな変化を受け入れるための準備であったり、新しい目をもってもう一度この世界を生きるための準備(昏睡状態から目覚めた後、新たな日常生活を送る人もいる)であったりするのでしょう。

プロセスワークはこの昏睡状態の人が無意識に行っていると思われる「次なる変化への準備」をプロセスワークのいち技法(コーマワークという)で助けるそうですが、人のあらゆる状態を意義あるものとして尊重しようとするその心意気には非常に共感するところがあります。こん睡状態を「その人にとってとても重要な体験」であるとみなし、意識がない目の前の人を、ものいわぬ肉体ではなく、一人の人として尊重しようという態度というところでしょうか。


このような態度は、生命とか健康といったものをどのように考えるか、という問いにつながるようにも思います。これに対する考えは人や立場によって様々であり、唯一無二の答えはないと思いますが、例えば、「健康診断の数値が良くて、医学的に無病であることのみが「健康」なのか」や「全身の骨格にまったくゆがみのない状態や、解剖学的にシンメトリーな身体状態が「正常」なのか」という問いにしばし考え込んでみたりすることは可能なのではないかと思います。少なくとも、数値を健康のバロメータとみなす考えや、「測定」し難い健全さのような概念も別にあるんだと言い張る考えとか、「色々な考え」が共存できる余地はあるのではないか、と思います。

病気でまさに死の淵に瀕している昏睡状態の人も、それを通じて「その人にとって人生の仕上げとして必要な事」を行っているだけなのだとしたら、それはある意味「正常な状態」であって、その状態を「不健康」という言葉でのみ片付けられないようにも思います。ことがそこに至ったらば、表面的な症状を消そうとすることが最善なのかも良く分かりません。かえってそれが本人の旅立ちの邪魔になるかもしれないし、そうでないかもしれない。いろいろな考えができます。


「風邪は疲労した身体の調整作用である」とみなす野口整体の考えもあるように、病や痛み、昏睡といった、一般に「よくない」とされる状態にも、場合によっては、ある人がその経験を通じて向かい合う何らかの意味があるのかもしれません。もちろん、全ての病気や痛みがそうだと言い切るつもりはありませんが。

クラニオもまた、「表面的な症状や痛みを止める」「病気を治す」ではなく、このプロセスワークのように、目の前の人に丁寧に向かい合うことで「何かを助ける」というような役割をすることができ、そこに大きな意義があるのではないか、と思っています。昨年、私は末期がんの方のセッションを数回させていただいたのですが(もちろん、無謀にも末期がんの症状を手わざで止めてやろうというのではなくて、依頼主さんの「何か楽になるのではないかと思って」という意向を受けてのセッションです)、このときに考えさせられたことや体験したことが、少しこの本によって深まったような気もしているのでした。

拍手[4回]

PR

コメント
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
朧 こと 今野
性別:
男性
自己紹介:
会社員生活の傍ら、ICSBという団体の教程で手技セラピー「クラニオセイクラル・バイオダイナミクス」を学んでいます。

「★クラニオバイオリンク集」ではここ以外のクラニオバイオ関連サイトを紹介しています。

クラニオセッションは現在、ブログ主と近しい方、ICSBのクラニオ・バイオダイナミクス学習者を中心に限定的に実施しています。
対象条件ならびに詳細は「☆クラニオセッションご希望の方へ」をご覧ください。

私のプロフィール的なものはこちら
最新コメント
[04/26 朧@今野]
[04/23 平田つぐお]
ブログ内検索
カウンター
クリック募金
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by [PR]
/ 忍者ブログ